SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法

!cid_EFFED6D0-ED5C-4C66-A50B-59E4CF6673E8.jpg

ヘイトスピーチとたたかう

『殺せ』『出て行け』。
差別的な発言を吐き散らすレイシストとの闘い。
その第一線立つ政治家が語る、戦闘的民主主義。

岩波書店より発売中。

ご購入は下記のリンクよりお願いいたします。

こちら⇒ Amazon.co.jp

タイトルWHAT'S NEW

民進党に離党届を出しました。

2017/12/11   有田芳生

  • 執行部が党の再建に努力しているときですから逡巡する気持ちはありました。しかし自分の思想と価値観に正直であろうと判断した結果、離党することを決断しました。安倍政権と対峙するリベラルとは何か、そこで自分はどんな選択をすべきなのか。総選挙が終わってからずっと考えてきました。さまざまな政治関連書籍を読んでいるとき、丸山眞男の「大日本帝国リベラル」という言葉にいささか衝撃を受けました。「リベラル」が大政翼賛を支えたことがあったのです。丸山のいう「リベラル」は「自由主義」と同じ意味で使われているのですが、たしかに「伝統的自由主義」が戦前の体制を支えたことは事実です。
  • 注、『現代日本の革新思想』。梅本克己、佐藤昇との鼎談は1966年に発売された。岩波現代文庫、2002年。
  • いまリベラルであるとはどういうことか。時代の課題にまっすぐに立ち向かうことでしょう。政治的争点でいえば、憲法(国の基本)、安保(国の外交・防衛)、原発(国の文明)です。こうありたいという日本への思いを曖昧にしたくはありません。そのために民進党を離れることにしました。離党届は提出しましたが、会派(民進党・新緑風会)離脱届けは出していません。扱いは執行部の判断にゆだねます。とにもかくにも政治家として行動しやすい環境で、「求同存異に立って」民進党に残る仲間の議員たちとともに、安倍政権を一刻も早く終わらせる政治勢力の結集を求めて進んでいきます。
  • 2009年の手帳を取りだして見ました。夏の政権交代選挙で東京11区(板橋)から立候補したものの、3000票ほどの差で敗北したあとのことです。11月18日午後3時半に衆議院にある民主党幹事長室に行っています。小沢一郎さんが翌10年の参議院選挙で比例区から出ることを承認してくれた日です。事実上の民主党入党です。このときから数えると民進党をふくめて8年ほどの時間を過ごしたことになります。党の職員をふくめ、多くの方々のお世話になりました。離党届の最後にこう書きました。「長年のご交誼、ありがとうございました。心からお礼申し上げます」。与えられた責任の重さは政治活動で応えていくしかありません。




評言独語

2017/12/7 有田芳生

  • 10月22日に総選挙が終わってから「思想」についてずっと考えています。毎日、毎日です。なぜかといえば、「人生後期の仕事」のありようを決断する必要があると思い到っているからです。「思想」と書けば難しい印象があるでしょう。決してそうではないことを教えられたのは、哲学者の古在由重さんからでした。『思想とは何か』(岩波新書、1960年)にはこうあります。

  • 「人間と生活があるところ、思想はどこにでもある。その立場や傾向にはもちろんいろいろあるだろう。しかしおよそ思想をもたない人はない。日々の生活、日々の判断や行動のうしろには、自覚はされなくても、必ず一定の思想がひそんでいるからだ」。

  • そうです。自覚しようとしまいと、誰にでも思想があるのです。生活のなかの経験を基本にさまざまな影響が「思想」を形成しているのです。読書も重要な役割を果しているでしょう。たまたま『週刊現代』に辺見庸さんが「10冊の本」を紹介しているのが眼に入りました。「あれっ、どこかで見たことがあるぞ」。かつてこの欄に出たことがあることを思い出しました。ここに紹介します。いまも基本的に変わってはいません。
  • 1.jpg2.jpg
  • (出典:『週刊現代』2012年8月4日号「わが人生最高の10冊」)

2017/12/6

  • 【法務委員会で質問します(ヘイトスピーチ問題)】
  • 明日7日(木)参院法務委員会で質疑に立ちます。テーマは「国民意識とヘイトスピーチ」。質疑時間は10時15分から15分間です。質疑の開始時刻は委員会の進行状況により前後する可能性があります。
  • 参議院インターネット審議中継をぜひご覧ください。
  • 参議院インターネット審議中継
  • 無題.jpg

2017/12/5

  • 【法務委員会で質問しました】
  • 参院法務委員会で質疑に立ちました。テーマは「ある準強姦事件から浮上した警察と司法の問題点」。伊藤詩織さんが訴える準強姦問題を例に、警察庁や法務省に問いました。
  • IMG_9777.JPG

2017/12/4

  • 【法務委員会で質問します(法務及び司法行政等に関する調査)】
  • 明日5日(火)の参院法務委員会で、有田芳生が質問に立ちます。テーマは「ある『準強姦事件』から浮上した警察と司法の問題点」。質疑時間は14時5分から30分間です。質疑の開始時刻は委員会の進行状況により前後する可能性があります。
  • 参議院インターネット審議中継をぜひご覧ください。
  • 参議院インターネット審議中継

2017/11/24

  • 【「評言独語」を再開します】
  • 「ザ・ワイド」(日本テレビ系)に出演していたころ、『酔醒漫録』と題する日記を毎日書いていました。20世紀から21世紀にかけての極私的記録ですが、おそらく100年も経てば意味もでるだろうと思っていました。日記は毎日書くことに意味がある。それは文豪と呼ばれるトーマス・マンの大部の日記からも明らかなことです。作家ではなくとも市井に生きる者の記録も後世になれば「同時代の証言」なのです。『酔醒漫録』も5冊が単行本にまとまっています(第1巻は私家版、さらに第1巻から第4巻がにんげん出版から)。いつしか『酔醒漫録』を書くことはなくなりました。しかし第4巻以降の日記を単行本にするなら12巻まで出版できることがわかりました。いつか形にしたいと思っています。その日記とは別に毎月初めに「評言独語」というエッセイを書いてきました。いわばそのときどきの時代に対する「思い」です。これを12月から再開することにしました。第1回は2017年12月からです。
  • 有田芳生

2017/6/12

  • 【明日、法務委員会が開会します(参考人質疑)】
  • 明日13日(火)10時から2時間半、参院法務委員会が開会。参考人をお招きします。福田充さん(日本大学危機管理学部教授)、山下幸夫さん(弁護士)、村井敏邦さん(一橋大学名誉教授、弁護士)の3名です。民進党は真山勇一議員が質疑に立ちます。
  • 午後は採決を行わないという約束が得られないため、民進党は対政府質疑を拒否。秋野委員長(公明党)は与野党の合意が得られないまま、委員長職権で4時間の質疑を決めました。
  • 参議院インターネット審議中継をぜひご覧ください。
  • 参議院インターネット審議中継

2017/6/7

  • 【明日、参院法務委員会が開会します】
  • 本日の本会議にて秋野公造参院法務委員長の解任決議案が反対多数により否決されました。
  • 明日8日(木)10時から参院法務委員会が開会。民進党からは福山哲郎議員が70分間質疑に立ちます。また、委員外議員として福島みずほ議員(社民党)も質問します。
  • 有田芳生は午前中、福山議員との差替えで外交防衛委員会に出席しますが、福山議員の質疑終了後に法務委員会に戻ります。
  • 質疑の開始時刻は委員会の進行状況により前後する可能性があります。参議院インターネット審議中継をぜひご覧ください。
  • 参議院インターネット審議中継
  • 0607.png

2017/6/6

  • 本日、民進党は参院法務委員会・秋野公造委員長(公明党)の解任決議案を提出しました。「不安を広げるための議論を延々…」という安倍総理のラジオでの発言の撤回や強引な委員会運営を正す要求を与党側が拒否し、秋野委員長が職権で委員会開会を決めたためです。これにより本日の委員会は開かれないことになりました。会期末までの法務委員会の定例日はあと3日(8日、13日、15日)です。
  • 昼には衆議院第2議員会館前で行われた共謀罪反対の集会で、参院法務委員会の現状と今後を報告しました。
  • 秋野委員長の解任決議案は、明日10時からの参院本会議で採決されます。
  • 0606.jpg

2017/6/1

  • 6月1日(木)参院法務委員会タイムテーブルです。
  • 0601.jpg

2017/5/31

  • 【法務委員会で質問します(「共謀罪」)】
  • 明日6月1日(火)10時からの参院法務委員会で質疑に立ちます。午前中は、弁護士の西村幸三さん、青山学院大学名誉教授新倉修さん、立命館大学大学院松宮孝明さんをお招きしての参考人招致です。
  • 13時30分の再開後に、前回に引き続き「『組織的犯罪集団』とは何か-オウム事件の歴史的経験から-」をテーマに法務大臣などに質問します。
  • 有田芳生の質疑時間は、15時より27分間です。質疑の開始時刻は委員会の進行状況により前後する可能性があります。参議院インターネット審議中継をぜひご覧ください。
  • 参議院インターネット審議中継

2017/5/31

  • (報道機関各位)
  • 【ヘイトスピーチ解消法施行1周年記者会見】
  • 本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律。いわゆる「ヘイトスピーチ解消法」の施行からまもなく1年。法務省や警察庁などの通達、川崎市での条例づくりをふくめ、さまざまな分野で変化が続いていく中、同法施行1年(6月3日)を記念し記者会見を行います。昨年の成立時と同じように自民党、公明党、共産党、民進党の参議院議員による1時間ほどの会見です。
  • 【日 時】 6月2日(金)13時から
  • 【場 所】 参議院議員会館 地下1階 B103会議室
  • ※館内通行証をお持ちでない記者の方は、事前に有田芳生事務所まで電話(03-6550-0416)もしくはFAX(03-6551-0416)にて、お名前と所属をお知らせください

2017/5/29

  • 【法務委員会で安倍総理に質問します(「共謀罪」)】
  • 本日の参院本会議にて組織的犯罪処罰法、いわゆる「共謀罪」の趣旨説明がありました。明日30日(火)10時からの参院法務委員会で、本格的に参議院での審議入りをします。
  • 有田芳生は「『組織的犯罪集団』とは何か」をテーマに、2回質疑に立ちます。安倍総理には10時35分から13分間、法務大臣と警察庁に13時30分より40分間です。
  • 質疑の開始時刻は委員会の進行状況により前後する可能性があります。参議院インターネット審議中継をぜひご覧ください
  • 参議院インターネット審議中継

2017/5/25

  • 全国市区選挙管理委員会連合会定期総会。参院政治倫理・選挙制度特別委員長としてあいさつしました。
  • 525.jpg

2017/5/24

  • 「ヘイトスピーチ解消法」が衆院本会議で成立したのが一年前のきょう、5月24日(施行6月3日)。
  • TBSラジオ『荻上チキSession-22』「ヘイトスピーチ対策法成立から1年 その効果と影響、そして課題とは?」(出演 明戸隆浩×郭辰雄×石橋学×荻上チキ)は、今夜24日22時50分から。
  • 生放送を聴き逃しても、スマートフォンアプリradiko(ラディコ)を使えば、タイムフリー機能で1週間以内の番組を後から聴取可能です。TBSエリア外の系列ネット局についてはそれぞれご確認ください
  • ご視聴はこちら

2107/5/25

  • 【国土交通委員会で質問します(通訳案内士法)】
  • 5月25日(木)は国土交通委員会と法務委員会の二つの委員会に出席します。
  • 国土交通委員会は「通訳案内士法及び旅行業の一部を改正する法律案」。通訳案内士の地位や待遇の向上、悪質ガイドの防止、訪日外国人観光客に質の高い旅行を提供するための課題なども、これまでライフワークの一つとして取り組んできました。改正案が成立すると通訳案内士資格の業務独占は廃止、新たな資格「全国通訳案内士」と「地域通訳案内士」制度により、通訳の担い手を確保しニーズにこたえるという法案です。旅行業法においては訪日観光客への、キックバック前提とした免税店への連れまわしや商品購入の勧誘などの問題への対応、軽井沢スキーバス事故のような悲惨な事故を二度と起こさないための一部改正案です。
  • 有田芳生は10時25分から40分間、「観光立国の現状に見合った通訳案内士の役割を鮮明に」をテーマに、国土交通大臣、観光庁長官、法務省入国管理局に質問します。
  • 本法案は質疑ののち、採決が行われる見込みです。
  • 法務委員会では引き続き民法(債権法)の一部改正案の審議。わたしたちの生活に身近な「民法」の120年ぶりの大改正です。だからこそ十分な審議時間が必要です。こちらは真山勇一議員が30分間、小川敏夫議員が2時間30分という長時間の質疑で問題点を洗い出します。
  • どちらも参議院インターネット審議中継で配信いたします。ぜひご覧ください。
  • 参議院インターネット審議中継

2017/5/11

  • 【院内集会「ヘイトスピーチ解消法成立1年~求められる人種差別撤廃基本法」】
  • 15時より、人種差別撤廃基本法を求める議員連盟主催の院内集会を参議院講堂にて行いました。日本ではじめての反人種差別法「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」、いわゆる「ヘイトスピーチ解消法」の成立からまもなく1年。理念法である「ヘイトスピーチ解消法」は一定の効果をしめすものの、差別排外デモや集会、インターネット上での差別やその拡散はいまも続いています。2020年の東京オリンピック・パラリンピックはもうすぐ。国連人種差別撤廃条約に加盟する日本として、国際的な人権基準に則した法整備が急務です。
  • 人種差別撤廃基本法を求める集会に、連休明け平日の日中にもかかわらず160人のみなさまにご参加いただきました。
  • 集会では、北村聡子さん(弁護士・人種差別実態調査研究会)、鈴木江理子さん(国士館大学教授)、アンジェロ・イシさん(武蔵大学教授)、石橋学さん(神奈川新聞デジタル編集委員)の4名にそれぞれ報告いただきました。ありがとうございます。

2017/5/10
511.jpg
5112.jpg

  • 【参院政治倫理・選挙制度特別委員会(倫選特)】
  • 阪神・淡路大震災の影響で、兵庫県議会と一部市議会議員の任期はじまりが統一地方選挙の2か月後となっている問題。次の統一地方選挙で選ばれた議員の任期を短縮することが可能となる法律案が衆議院から送付され、参院倫選特委員長として委員会に諮りました。法案は衆院倫選特竹本委員長による趣旨説明、質疑ののちに多数を持って可決されました。委員会室には兵庫県内議会関係者も傍聴されていました。同法案は12日の参院本会議で可決、成立の見込みです。
  • 510.jpg

2017/5/10

  • 【法務委員会で質問します 民法一部改正(債権法)】
  • 明日11日(木)10時からの参院法務委員会。民法(債権法)一部改正案について3名の参考人に対し質疑を行います。
  • 有田芳生の質疑時間は11時から15分間です。質疑の開始時刻は、委員会の進行状況により前後する可能性があります。参議院インターネット審議中継をぜひご覧ください。
  • 参議院インターネット審議中継
  • 510.jpg

2017/5/9

  • 【明日5/10開催】
  • 院内集会 「ヘイトスピーチ解消法成立1年~求められる人種差別撤廃基本法」
  • 日本ではじめての反人種差別法「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」いわゆる「ヘイトスピーチ解消法」の成立からまもなく1年を迎えます。
  • 理念法である「ヘイトスピーチ解消法」は一定の効果をしめすものの、差別排外デモや集会、インターネット上での差別やその拡散はいまも続いています。2020年東京オリンピック・パラリンピックはもうすぐ。国連人種差別撤廃条約に加盟する日本として、国際的な人権基準に則した法整備が急務です。あらゆる人種差別の撤廃、人が人として尊ばれる社会の実現のために、趣旨賛同の多くのみなさまの出席をお願いいたします。
  • ご出席の際は下記にご記入の上、5月10日(水)午前10時までに議連事務局メールアドレス totama_0205@yahoo.co.jpに、ご氏名、連絡先を送信の上お知らせください。
  • 本集会の趣旨にご賛同の多くのみなさまのご参加をお待ちしております。
  • と き 5月10日(水)15:00~16:30
  •     ※当日14:30に参議院議員会館1階ロビーで通行証を配布いたします。
  • ところ 参議院議員会館1階 講堂
  • 内 容
  • ①議連による省庁ヒアリング(4月12日)の報告
  • ②報告
  • 北村聡子さん(弁護士・人種差別実態調査研究会)
  • ヘイトスピーチ解消法の成立によって、ヘイトスピーチは解消した
  • のか? その実態報告
  • 鈴木江理子さん(国士館大学教授)
  • 法務省外国籍住民アンケート調査結果から見えるもの
  • アンジェロ・イシさん(武蔵大学教授)
  • 在日外国人から見た日本における人種差別の現状と課題
  • 石橋学さん(神奈川新聞デジタル編集委員)
  • ヘイトスピーチ解消法の地方における実効化の現段階
  • (以上)

2017/4/28

  • 共謀罪は絶対廃案@国会正門前
  • 428.jpg

2017/4/19

  • 【法務委員会で質問します(ヘイトスピーチ問題の現状と成果)】
  • 本日19日(木)10時からの参院法務委員会で、ヘイトスピーチ問題の現状と成果について質問します。
  • 拉致問題を利用したデモについて、そして法務省作成のパンフレット「私たちの身近にあるヘイトスピーチ」と京都府作成のパンフレット「ヘイトスピーチと人権」を取り上げます。
  • 有田芳生の質疑時間は10時から20分間です。質疑の開始時刻は、委員会の進行状況により前後する可能性があります。参議院インターネット審議中継をぜひご覧ください
  • 参議院インターネット審議中継

2017/4/18

  • 党の法務担当者として、機関紙『民進プレス』(4月21日号)で共謀罪について語りました。ご一読ください。
  • 418.jpg

2017/4/17

  • 【法務委員会で質問します(裁判所法一部改正=司法修習生への給付金支給など)】
  • 明日18日(火)10時からの参院法務委員会は、裁判所法一部改正案の質疑・討論・採決です。法曹となる人材の確保のために、司法試験受験資格の見直しや法科大学院の現状と課題について法務大臣などに質問します。また、法曹志願者増加のために与野党でなすべきことを提案します。
  • 有田芳生の質疑時間は10時30分から25分間です。質疑の開始時刻は、委員会の進行状況により前後する可能性があります。参議院インターネット審議中継をぜひご覧ください。
  • 参議院インターネット審議中継

2017/4/12

  • 【人種差別撤廃議連で省庁ヒアリングを行いました】
  • いわゆる「ヘイトスピーチ解消法」の成立から約1年が経ちました。ヘイトスピーチの解消とあらゆる人種差別根絶のために各省庁がどのようなことに取り組んでいるのか。超党派・人種差別撤廃基本法を求める議員連盟で省庁ヒアリングを実施しました。
  • 出席省庁は、法務省、外務省、総務省、厚労省、文科省、経産省、国交省、警察庁(順不同)。オブザーバーとして、市民団体も参加しました。
  • 差別の根絶に向けて、取り組まなくてはならない課題はまだまだ山積みです。
  • 412.jpg

2017/4/12

  • 【法務委員会で質問します(ヘイトスピーチ問題)】
  • 明日13日(木)10時からの法務委員会で、ヘイトスピーチ問題について質問します。ヘイトスピーチ解消法の成立から約1年。その後の変化や、法務省による外国人住民調査の結果を取り上げます。
  • 有田芳生の質疑時間は10時35分から40分間です。質疑の開始時刻は、委員会の進行状況により前後する可能性があります。参議院インターネット審議中継をぜひご覧ください。
  • 参議院インターネット審議中継

2017/4/5

  • 【党 法務・内閣(男女共同参画・子ども)合同部門会議を行いました】
  • 4日(火)16時、5日(水)8時と2日続けて党 法務・内閣(男女共同参画・子ども)合同部門会議を開催しました。「刑法の一部(性犯罪規定)を改正する法律案」について、法務省よりのヒアリング。被害当事者や被害者支援団体から受けた要望を踏まえての質問や、共謀罪と強制性交等罪(仮称)との関係についての質疑を行いました。
  • 0405.jpg

2017/3/22

  • 【法務委員会で質問します(ヘイトスピーチ問題)】
  • 本日10時からの法務委員会で、ヘイトスピーチ問題について質問します。有田芳生の質疑時間は11時から10分間です。川崎市で25日に予定されている差別主義者(「人種差別・排外主義の代表的な扇動者」神奈川新聞の表現)の講演などを取り上げます。
  • 質疑の開始時刻は、委員会の進行状況により前後する可能性があります。参議院インターネット審議中継をぜひご覧ください。
  • 参議院インターネット審議中継

2017/3/14

  • 【日本語教育推進議連総会に出席しました】
  • 10時30分より超党派・日本語教育推進議員連盟の第五回総会に出席。日本語教育振興協会、全国専門学校各種学校日本語教育協会、全国日本語学校連合会、日本語学校ネットワークの4団体よりヒアリングを行いました。
  • また「日本語教育推進基本法 立法チーム(仮称)」が設置され、有田芳生もその一員となりました。
  • 314.jpg

2017/3/9

  • 【法務委員会で質問しました(金田法務大臣所信表明に対する質問)】
  • 法務委員会で共謀罪について質問。
  • 所信表明にある「テロ」「テロを含む組織犯罪」「テロを含む国際的な組織犯罪」の「テロ」とは何か(定義)、「テロ等準備罪の創設」とあるがその概要は何か、そして「共謀罪」とどう違うのか、「準備行為」とは何か、「計画」と「準備行為」の違いなどを質しました。
  • また、団体が「一変」して「組織的犯罪集団」になる場合について、2月17日の衆・予算委員会で安倍総理がオウム真理教を例に挙げました。このことに関連して「組織的犯罪集団」の構成員はすべて摘発の対象なのかなどを問いました。
  • 必要な質問をしただけですが、金田法務大臣がしばしば答弁できない事態に。共謀罪は曖昧な法案です。
  • 質疑の様子は参議院インターネット中継のアーカイブよりご覧になれます。3月9日法務委員会2時間6分頃から約55分間です。
  • 参議院インターネット審議中継
  • 0309.jpg

2017/3/6

  • 【共謀罪の国会提出を許さない国会前行動に参加しました】
  • 12時から衆議院第2議員会館前にて共謀罪の国会提出を許さない国会前行動に参加。有田芳生は国会議員の代表として5分ほどスピーチしました。
  • 0306.jpg

2017/2/28

  • 【男女共同参画推進本部・内閣(男女共同参画・子ども)・法務合同部門会議を行いました】
  • 16時より男女共同参画推進本部・内閣(男女共同参画・子ども)・法務合同部門会議を開催しました。民進党など野党議員立法「性暴力被害者支援法案」について、法案担当の阿部知子衆議院議員、山尾しおり衆議院議員よりヒアリングを行いました。
  • また、アダルトビデオ出演強要問題に関する被害調査について内閣府より、JKビジネスに関するアンケート結果について警察庁より、それぞれ説明を受けました。
  • 228.jpg

2017/2/23

  • 【党 法務・内閣(男女共同参画)合同部門会議を開催しました】
  • 党 法務・内閣(男女共同参画)合同部門会議を実施。前回に引き続き、刑法(性犯罪規定)改正に関するヒアリングを行いました。今回は、「レイプクライシス・ネットワーク」「角田由紀子弁護士(日弁連 両性の平等に関する委員会所属)」「竹内大徳弁護士(日弁連 犯罪被害者支援委員会所属)」の御三方よりお話を伺いました。
  • 223.jpg

2017/2/17

  • 【党 法務・内閣(男女共同参画・子ども)合同部門会議を行いました】
  • 午前8時より法務・内閣(男女共同参画・子ども)合同部門会議を開催。刑法(性犯罪規定)改正に関して、「性暴力と刑法を考える当事者の会」「ちゃぶ台返し女子アクション」の2団体よりヒアリングを行いました。
  • 217.jpg

2017/2/10

  • 【日本語教育推進議連の総会に出席しました】
  • 超党派・日本語教育推進議員連盟の総会に出席。外国人集住地域である横浜市、豊橋市、静岡県から実状と課題のヒアリングを行いました。
  • 210.jpg

2017/2/4

  • 「かわさき市民ネットワーク」結成1周年記念集会に出席しています。民進、自民、公明、共産、社民など超党派の議員が参加しました。多文化共生のまち川崎。このまちから市民参加による人種差別撤廃条例の取り組みが進むこと、そして条例が制定されることは、川崎市はもちろん全国の自治体へ影響していきます。ヘイトスピーチは人種差別の一つです。人種差別撤廃条約を結んでいる日本。国会に目を向ければ、こんどこそ与野党協力をして人種差別撤廃法をつくらなくてはなりません。川崎のみなさんをさきがけとし、わたしも一人の国会議員として、これからも現場に立ち、みなさんと共に頑張って立法に向けて取り組んでまいります。
  • 204.jpg

2017/2/2

  • 【法務部門会議で「共謀罪」勉強会を行いました】
  • 本日、党・法務部門会議が開催されました。まず始めに、平成29年度法務省・最高裁判所予算案について法務省と最高裁判所よりヒアリング。その後、議員立法についての法案説明を受けました。
  • 18時からは保坂展人世田谷区長をお招きし、「共謀罪」についての勉強会。2005年当時の国会での論戦を中心に解説していただきました。
  • 194.jpg

2017/1/20

  • 第193回国会がはじまりました。私たちの暮らしに深い影響を与える安倍政権の「働き方改革」は長時間労働を認め、非正規労働者を増やす非人間的労働への道をさらに切り開きます。そうした道を阻み、いまこそ人間的な経済政策を実現させなければなりません。
  • この国会の正念場は法務委員会で議論される予定の「新共謀罪」です。私は法務部門の責任者なので、すでに国会開会前から、衆議院の国会対策委員会とともに、その対応に取り組んできました。
  • 「テロ対策」の美名のもとに私たちの内心に立ち入り、無理筋の捜査を進めようとする「新共謀罪」には最大限の注意を払わなければなりません。
  • ヘイトスピーチ解消法成立の主戦場だった法務委員会での議論は、この国会でも重要な役割を担わされています。
  • 2017年も与えられた仕事をみなさんのご意見と行動によりそい取り組んでまいります。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
  • 2017年1月20日
  • 国会開会にあたって
  • 有田芳生
  • 193.jpg




今週の有田芳生

【有田芳生「37万票」の意味】
岩見隆夫さん(毎日新聞論説委員・故人)のコラム「近聞遠見」(2010.7.17)を紹介いたします。

ダウンロードはこちら⇒「37万票」の意味.pdf
「37万票」の意味.jpg

【サザンオールスターズ広告特集】
朝日新聞(2013.8.7)に掲載された、サザンオールスターズの広告特集から。サザンのコンサート会場でも配布されました。

ダウンロードはこちら⇒サザン広告.pdf
サザン広告.jpg

ダウンロードはこちら⇒活動報告書オモテ.pdf
           活動報告書ウラ.pdf


0001.jpg

line_1p.gif

タイトル NOW

234x60R.gif

地方議員地方議員

ご覧になりたい項目をクリックしてください▲

Archiveへリンク

有田芳生プロフィール

有田芳生(ありたよしふ)
1952年京都生まれ、ジャーナリスト。
2007 年まで日本テレビ系の「ザ・ワイド」に出演。著書に『私の家は山の向こう テレサ・テン十年目の真実』(文藝春秋)、『「コメント力」を鍛える』(NHK 生活者新書)などがある。
2010年参議院議員初当選(現在2期目)。

所属委員会・役職

参議院 法務委員会(委員)/政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会(委員)/北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会(理事)/憲法審査会(委員)

主な著書



ヘイトスピーチとたたかう
2014年
ヘイトスピーチとたたかう!
(岩波書店)
→Amazon へ





闘争記
2010年
闘争記
(教育史料出版会)
→Amazon へ





メディアに心を蝕まれる子どもたち
2008年
メディアに
心を蝕まれる
子どもたち
(角川SSC 新書)
→Amazon へ



「コメント力」
2002年
「コメント力」
を鍛える
(生活人新)
→生活人新書へ





酔醒漫録
2000~2005年
酔醒漫録
〈1〉~〈4〉
(にんげん出版)
→Amazon へ




歌屋 都はるみ
1997年
歌屋 都はるみ
(文春文庫)
→文春文庫へ






私の家は山の向こう
2005年
私の家は
山の向こう
- テレサ・テン
十年目の真実
(文藝春秋)
→Amazon へ

hatespeech.jpg
ヘイト・
ピーチを
許しては
いけない
(新幹社)
→Amazon へ





参議院議員
有田芳生事務所
〒100-8962 
東京都千代田区永田町2-1-1
参議院議員会館416号室
TEL:03-6550-0416
FAX:03-6551-0416




後援会・サポーターズページへリンク後援会・サポーターズページへリンク