SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法

!cid_EFFED6D0-ED5C-4C66-A50B-59E4CF6673E8.jpg

 あっという間に盛夏がやってきました。2016年夏は、6年前に続く参議院選挙を闘い、再び勝利することができました。投票日に投票所に足を運んでいただき「有田芳生」と名前を書いていただいた20万8544人のみなさんにまずお礼を申し上げます。さらには選挙事務所での地道な作業や全国での街宣活動に協力いただいたすべてのみなさんにも感謝いたします。2010年の初当選のときはNHKが「当確」を打ったのは20時3分でした。こんどは民主党政権崩壊からの後遺症もあり、22時ぐらいになると覚悟をしていました。ところがNHKが20時6分に「当確」を出すという早さに、いささか驚いたものです。


 これからの6年間は日本の歴史においても重要な転換点になるでしょう。それは「改憲勢力」が国会の3分の2を占めたことに象徴的に現れています。まさに「正念場」です。戦後71年の日本の「平和」(単純に平和だったとは思いません)をまがりなりにも続けてきた枠組みである憲法を数の力で変更することは、歴史観の問題だけでなく、それ以前に、多くの生命の犠牲のうえに成立した歴史そのものの改変だと思うのです。扇のかなめが変われば、その姿もまた変わってしまうでしょう。歴史は正しく継承しなければならないのです。「悠々として急げ」とは開高健さんが好きな言葉でした。このごろは実感としてこの意味が理解できます。この精神で新しい6年を進みます。


なお臨時国会で政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会(35人)の委員長に選出されたことをご報告いたします。


                      2016年8月3日   有田芳生

ヘイトスピーチとたたかう

『殺せ』『出て行け』
差別的な発言を吐き散らすレイシストとの闘い
その第一線立つ政治家が語る、戦闘的民主主義

岩波書店より発売いたしました。

ご購入は下記のリンクよりお願いいたします。

こちら⇒ Amazon.co.jp

  • 【有田芳生 今週の主な予定】 New!
  • 12月4日(日)
  • ・講演(九州)
  • 12月6日(火)
  • ・参院法務委員会(部落差別解消法 参考人質疑)
  • ・党「次の内閣」会議
  • 12月7日(水)
  • ・本会議(定例日)
  • 12月8日(木)
  • ・参院法務委員会(定例日)
  • ・党 法務部門会議
  • 12月10日(土)
  • ・後援会行事(東京)

タイトルWHAT'S NEW

16/12/2

  • 【法務委員会で質問します(部落差別解消法・参考人質疑)】
  • 12月6日(火)13:00からの参院法務委員会は、部落差別解消法案の参考人意見陳述及び質疑です。4人の参考人を迎え、有田芳生は2回の質疑に立ちます。
  • 14:15~14:30(15分間)
  • 16:10~16:35(25分間)
  • 質疑開始時刻は委員会の進行状況により前後する場合があります。参議院インターネット審議中継をぜひご覧ください。
  • ご視聴はこちらから

16/12/1

  • 【法務委員会で質問しました(部落差別解消法)】
  • 参院法務委員会で、法案発議者(衆院議員)、法務省などに対し部落差別の認識について質問しました。ヘイトスピーチ問題が広く知られるようになったのは2013年。3年の時を経た今年6月、ヘイトスピーチ解消法が施行しました。一方、部落差別問題を顧みると、明治政府による賤民制廃止の「解放令」が1871年。それから145年が経過しています。なおも続く部落差別。「いま、なぜ部落差別解消法なのか」。このことにつきます。
  • IMG_4595.JPG
  • 各自治体が実施した「人権調査結果」を紹介。いまも結婚差別などが存在することを示しました。ウェブ上で、あるいはそのミラーサイトで、部落地名総監などのかたちで差別を垂れ流す状況について。法務省が行う「説示」だけではなく、もっと強い対応でないと差別はなくならないと訴えました。法務省は、説示や勧告は強制力を有しないので限界があり自制を求めるしかないと答弁。ヘイトスピーチ対策に積極的に取り組んできた法務省は、部落差別解消についても同様に取りすすめることが必要です。
  • IMG_4687.JPG
  • 同法案は、次回12月6日(火)の委員会で参考人質疑が行われる見込みです。

16/11/30

  • 【法務委員会で質問します(部落差別解消法)】
  • 明日12月1日(木)の参院法務委員会は、再犯防止法案と部落差別解消法案の趣旨説明・質疑です。
  • 「部落差別を解消するとはどういうことか-いまだなくならない部落問題-」をテーマに、部落差別解消法案(議員立法)提出の衆議院議員と法務省などに対して質問をします。有田芳生の質疑は11時40分から30分間。質疑開始時刻は委員会の進行状況により前後する場合があります。
  • 参議院インターネット審議中継をぜひご覧ください。
  • ご視聴はこちらから

16/11/28

  • 【本会議で登壇しました】
  • 本日の本会議で、政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会の委員長として登壇しました。25日(金)に委員会を通過した公職選挙法及び最高裁判所裁判官国民審査法の一部を改正する法律案と公職選挙法の一部を改正する法律案についての報告です。
  • IMG_4548.JPG
  • この法律によって
  • ・最高裁判所裁判官国民審査の期日前投票が、衆議院総選挙公示日の翌日より可能になる
  • ・洋上投票の対象者が広がる
  • など有権者が投票しやすい環境が整います。
  • 両法案は、全会一致で可決成立しました。
  • 161128有田委員長報告②.JPG

16/11/22

  • 【法務委員会で質問しました(一般質疑)】
  • 「ヘイトスピーチ対策の新たな課題」をテーマに、参院法務委員会で質問しました。インターネット上の差別的書き込みに、EUでは24時間以内に削除をする取り決めをプロバイダと交わしていることを紹介。日本でも取り組むべきではとの問いに金田法務大臣は、「今後インターネットに関することについても、地道で粘り強い対応をしたい。どのような対応が可能かできる範囲でやっていきたい」と答弁しました。
  • 15167451_1113801212074521_7396282853141469729_o.jpg
  • 川崎市の崔江以子さんが、差別的ツイートにより人権侵害されたとして法務局に救済を申し立てた結果、ツイッター社が崔さんの長男を標的したツイート4件を削除した事例を紹介。個人が申し立てをする方法はあるが、被害を受けた側が不特定多数の場合には訴える方法はないという法務省の答弁に対し、ヘイトスピーチ解消法第2条で不特定多数へのヘイトについて定義されていることなどを指摘し、救済申し立てを受け付ける体制整備が急務であることを訴えました。
  • 15137609_1113801305407845_5504203130798612348_o.jpg
  • 次回の参院法務委員会は、11月24日(木)午前10時から。裁判官報酬に関する法律の一部改正案などの質疑、採決です。

16/11/21

  • 【法務委員会で質問します】
  • 11月22日(火)10:00開会の参院法務委員会(一般質疑ほか)。「ヘイトスピーチ対策の新たな課題」をテーマに、ネット上のヘイトスピーチへの体制と教訓や、選挙を利用したヘイトスピーチへの対策などについて質問します。有田芳生の質疑は10:30~11:00の30分間です。質疑開始時刻は委員会の進行状況により前後する場合があります。
  • 参議院インターネット審議中継をぜひご覧ください。
  • ご視聴はこちらから

16/11/17

  • 【法務委員会で質問しました(外国人技能実習・入管法)】
  •  11月17日参院法務委員会。東京・新宿区のベトナム人住民は、本年10月末現在で3,574人。この5年間で16倍に増加しました。今日は 「外国人技能実習生の光と闇」をテーマに、ベトナム人のケースを中心に質問。「外国人技能実習法案」「入管法一部改正案」両法案は委員会で可決成立、附帯決議も付されました。
  • image1.JPG
  • 委員会におけるこれまでの議論を通じて、総括的にどう感じたかを金田法務大臣に質しました。大臣は「新たに設立される技能実習機構で的確に管理し、実習生からの相談などにも対応し、制度の趣旨にそった内容になるよう適切に対処したい」旨答弁しましたが、現実との乖離を埋めるためには具体的にどういった策を講じるかが大切です。1988年に、40日以上をかけてベトナムを歩き、「地球の歩き方(フロンティア版)」の執筆に関わりました。当時は世界最貧国で国民ひとり当たりのGDPが160円の時代です。現在も平均月収は日本円で1.6~1.7万円です。「日本に行けば、月20万円は稼げる」と国内の送り出し先から言われたベトナム人は、莫大な保証金(30~50万円)を支払って訪日を目指し、借金をかかえているのが現実があります。
  • image2.JPG
  • 詳細な附帯決議が付されたことからもわかるように、技能実習の名のもとに単純労働、奴隷的労働を課せられたケースなど解決しなくてはならない課題はたくさんあります。
  • 制度適正化への具体的な改善策について外務省は、ベトナム政府に対しての申し入れを累次行ってきたと答弁しましたが、申し入れをしても解決しないと意味がないと追及しました。現実の課題をどう解決するか、システムとしてどう構築するかが重要です。
  • ベトナムにおける高齢者介護は「家族」が担うことがベースであることを紹介。外務省の答弁(2010年JICA調査)によると、ベトナムの老人ホームはハノイ市の8か所含む10か所(富裕層向け)だけです。日本で得た介護の技能を本国の発展のために活かすということを考えれば、客観的にベトナムの社会状況を把握、分析し、受入判断することが重要です。
  • 国際貢献のひとつであり、日本で得た技能を経済発展に活かすための人材育成を目的とした「外国人技能実習制度」。現実に即した適切な運用と発展が大切です。
  • 両法案は、明日(18日)の参院本会議において可決成立の見込みです。

16/11/16

  • 【法務委員会で質問します】
  •  11月17日(木)10:00開会の参院法務委員会(外国人技能実習法案・入管法一部改正案)。「外国人技能実習生の光と闇」をテーマにベトナム人のケースを中心に質問します。有田芳生の質疑は10:40~11:20の40分間です。質疑開始時刻は委員会の進行状況により前後する場合があります。両法案の質疑は17日をもって終局、質疑終了後、討論・採決が行われます。
  • 参議院インターネット審議中継をぜひご覧ください。
  • ご視聴はこちらから

16/11/1

  • 【法務委員会で質問しました(外国人技能実習・入管法)】
  •  「外国人技能実習生受入れの問題点―増え続けるベトナム人のケース―」をテーマに、参院法務委員会で質問しました。
  • 平成25年に1万人だったベトナム人技能実習生は、平成27年には約3万3千人と急増(中国人は4万4千人から3万8千人に減少)。平均月収が日本円にして1.6~1.7万円のベトナムにおいて、北部の多くの人は借金をして来日しています。ベトナム人女性の技能実習生が自国の送り出し機関に保証金60万円や航空券代などで100万円用意した事例を紹介。法務省入国管理局長は保証金徴収が禁止されていること、徴収の事実については一部把握していると答弁しました。
  • 5.JPG
  • これは「一部」ではありません。
  • ベトナム人実習生急増のなか、厚生労働省の外国人労働者向け相談ダイヤルにおいて「ベトナム語」も対応すべきと質しました。また、ホーチミン市での「技能実習契約書」写しを資料提出し、「他の企業のベトナム人と交流してはいけない」「外泊の禁止」など基本的人権の制約となる条項、途中帰国による違約金や給与からの強制貯金などの不正行為について質し、今後改善するよう訴えました。
  • 日本で得た技能を経済発展に活かすための人材育成を目的とした「外国人技能実習制度」。帰国後、自国企業で経営陣に加わるという良好な関係の事例もあります。日本の国際貢献のひとつであるこの制度の適切な運用と発展が急務です。
  • 6.JPG

16/10/25

  • 「ヘイトスピーチ解消法成立後の課題」をテーマに法務委員会で質問しました。
  •  金田勝年法務大臣は、機動隊員による沖縄高江での抗議活動をする人に対しての「土人」発言について「差別である」という認識を示しました。
  • 1.JPG
  • また、インターネット上におけるヘイトスピーチ(差別扇動)対策については「インターネット被害については人権擁護部門として強力に取り組んでいく」と答弁。地方自治体から要望のあるヘイトスピーチのガイドラインについていつまで準備するのか、の問いに法務省人権擁護局長は「年内を目標に」とスケジュールを示しました。2.JPG
  • 審議の様子は「参議院インターネット審議中継」にUPされています。お見逃しの方はぜひご覧ください。
  • 3.JPG
  • ご視聴はこちらから

16/10/6

  • 今国会初の法務部門会議。
  • image10.JPG
  • 提出予定の法案の概観について法務省よりヒアリングを行いました。
  • image11.JPG

16/10/3

  •  在日韓国・朝鮮の学生に奨学金をだしている「朝鮮奨学会」でヘイトスピーチ問題の講演を行いました。テーマは「ヘイトスピーチ解消法の意義と展開」。image3.JPG
  • 大学生、大学院生の若い世代を対象とする催しだったので、日本社会が抱える差別の土壌や現代の歴史イメージなどに重点を置いて話しをしました。
  • 新しい時代を作るみなさんが熱心に聞いてくれたのが印象的でした。
  • image4.JPG

16/9/26

  • 【本日より第192回臨時国会がはじまりました】
  •  法務委員会、行政監視委員会、政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会に所属します。特別委員会では引き続き委員長に専任されました。
  • 会期は11月30日までの66日間です。
  • image2.JPG

16/8/1

  • 会期3日間の臨時国会が始まりました。本会議休憩後の「政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会」において委員長職を拝命いたしました。まずはご報告いたしました。
  • image1.JPG

16/6/10

  • 新しいリーフレットができました! ぜひお読みください。
  • オモテ.pdf
  • 0001 (3).jpg

16/6/8

  •  立教大学池袋キャンパス「ヘイトスピーチこれからの闘い方」にて、中沢けいさん(法政大学教授)、五野井郁夫さん(高千穂商科大学教授)と共にお話をさせていただきました。
  • 立教2.jpg立教3.jpg立教1.jpg

16/6/4

  •  「有田芳生を応援する会(東京・中野)」。ご来場のみなさまはもちろんのこと、茂木健一郎さん、長妻昭代表代行、山尾志桜里政調会長、小川敏夫参院幹事長(東京選挙区選出)にスピーチをいただきました。ありがとうございます。受付・設営などボランティアのみなさまの変わりないご支援、今日初めてお手伝いいただい方、お一人お一人に心より感謝申し上げます。人が人として尊ばれる社会の実現のため、有田芳生、ひたむきにパワフルにがんばります。進みます。
  • 中野2.jpg中野1.jpg中野3.jpg中野4.jpg中野5.jpg中野6.jpg

16/5/6

  •  5月3日(火)練馬・荻窪・中野・新宿・渋谷・浅草・巣鴨にて街頭演説。SNSで呼びかけましたボランティアのみなさん。FBやTwitterを見てはじめて来てくれた方もいらっしゃいました。励みになります。ありがとうございます。
  • GW①.jpgGW➁.jpgGW③.jpg
  •  5月4日(水)JR板橋駅・仲宿商店街・小豆沢・西台・蓮根・イオン板橋・高島平団地・成増。板橋区内での街頭活動。イオン前や成増駅にはSNSをご覧になって、昨日に引き続きたくさんのボランティアのみなさんがおいでになりました。成増駅には芦沢一明渋谷区議、そして作家の中沢けいさんが飛び込みで応援に。ありがとうございます。
  •  差別主義者による活動妨害を想定し、警視庁高島平警察署のみなさんが周辺警備をされていました。実際に該当者を散見。ヘイトデモの警備体制について国会で問い質してきましたが、高島平署のように市民の平穏な生活をまもるために日々職務遂行している現場警察官の姿に敬意を表します。
  • GW④.jpgGW⑤.jpgGW⑥.jpg

16/4/26

  • 【参・法務委の質疑順(時間)の変更】
  • 当初ご案内の質疑順が変更になりました。26日午後の与党ヘイト対策法案質疑順は以下の通りとなります。
  • 13:30~14:08 小川敏夫議員(民進)
  • 14:08~14:53 仁比聡平議員(共産)
  • 14:53~15:30 有田芳生議員(民進)

16/4/22

  • 【次回 与党ヘイト対策法案質疑のお知らせ】
  •  参院法務委員会 次回の与党ヘイトスピーチ対策法案質疑は、
  • 4月26日(火)13:30~15:30の2時間です。傍聴ご希望の方は,「氏名」「連絡先」と「26日 法務委員会傍聴希望」とご記入の上、前日25日(月)午後4時までにtotama_0205@yahoo.co.jp までお申し込みのほどお願いいたします。
  • 参議院集合時刻は12:50を予定。当日のスケジュール詳細につきましては、お申込みの方にメールにてご案内いたします。みなさまの傍聴お待ちしております。同日午前は刑訴法一部改正案の参考人質疑が行われます。
  • 与党ヘイト対策法案質疑のタイムテーブル(案)です。民進党、共産党議員のみの質疑です。
  • 13:30~14:08 小川敏夫議員(民進)
  • 14:08~14:45 有田芳生議員(民進)
  • 14:45~15:30 仁比聡平議員(共産)

16/4/19

  •  19日の参院法務委員会。午前の与党ヘイト対策法案審議において、発議者の西田昌司(自民)、矢倉克夫(公明)両議員に質疑を行いました。今国会会期末は6月1日。実効性のある法案成立に向け、差別のない社会の実現のために与野党ともに審議をすすめていきます。午後は刑訴法一部改正案の参考人質疑。どちらもたくさんのみなさんが傍聴に来てくださいました。ありがとうございます。
  • 午後4時半から院内集会「今こそ人種差別撤廃基本法の実現を パート4」。150名が参加、各党の衆参議員も出席し、それぞれ法整備について発言しました。集会後半では、法の成立を求めるたくさんの署名をおあずかりしました。国会議員が法整備に向け取り組むことは当然のことですが、世論の力がそのための後押しになります。みなさんの思いが形になるよう頑張ってまいります。
  • 明日20日は10時から本会議、その後、法務委員による視察で東京地検に向かいます。
  • 院内集会part4.jpg院内集会part4-2.jpg

16/4/18

  • 【有田芳生 今週のおもな予定です】
  • 18日(月)
  • 12:50~参・決算委員会(有田質疑13:35~14:15「人権大国・日本構築の条件」をテーマに)
  • 19日(火)
  • 10:00~参・法務委員会(有田質疑10:50~11:05「与党ヘイト対策法案」)
  • 16:30~院内集会「今こそ人種差別撤廃基本法成立を パート4」(衆1会館多目的ホール)
  • 20日(水)
  • 時間未定 本会議(予定)
  • 午前中 法務委員会現地視察(東京地検)
  • 〇決算委員会、法務委員会ともに「参議院インターネット審議中継」で配信いたします。ぜひご覧ください。
  • 〇19日(火)法務委員会傍聴希望の方は、
  • totama_0205@yahoo.co.jp へ「お名前」「連絡先」「法務委員会傍聴希望」とご記入の上、18日(月)16時までに送信のほどお願いいたします。申込いただいた方に当日のスケジュールなど返信いたします。

16/4/14

  •  4月18日(月)13時からの参議院決算委員会で質問に立ちます。有田芳生の質疑時間は15:20~16:00の40分間。「『人権大国・日本の構築』への条件」をテーマに法務大臣、法務省、外務省、警察庁に対し質問します。TV中継はありませんが、「参議院インターネット審議中継」で配信します。ぜひご覧ください。
  • 視聴はこちら⇒参議院インターネット審議中継
  • 今日(14日)は法務委員会で刑事訴訟法等一部改正について審議。散会後は党法務部門会議、TV局取材などと続きます。

16/4/11

  •  4月9日(土)、10日(日)の二日間で池田まきさん応援のため北海道5区に入り、石狩市議のみなさん(民進党、共産党、市民ネット北海道の共同)と、ずっと「平和」、もっと「安心」の社会を訴えました。有田芳生が事務所を構える東京都板橋区で働いていた池田まきさんには、福祉に携わり生活の実感があります。商社勤めのエリートでもなく、代議士家系の人でもありません。「ふつう」の人の声を届ける政治。その役割を果たすのは池田まきさんしかいません。
  • 北海道1.jpg
  • 北海道3.jpg
  • 北海道2.jpg

16/4/5

  • 参院法務委員会(人種差別撤廃施策推進法案)が散会しました。
  • 新宿でのヘイトデモ(3月27日)など、警察の警備対応について河野太郎国家公安委員長、警察庁に厳しく追及、河野氏は警察の対応について謝罪をしました。質疑では法務省が発表した「ヘイトスピーチ聞き取り調査」についても紹介、岩城光英法務大臣には「全国部落調査」出版のその後について問いただしました。
  • 傍聴は今日も満席。ありがとうございました。
  • 本日の審議は「参議院インターネット審議中継」からオンデマンドで視聴可能です(有田の質疑は26分37秒あたりから)。お見逃しの方、ぜひご覧ください。
  • 視聴はこちら→参議院インターネット審議中継

0405法務委員会1.jpg
0405法務委員会2.jpg
0405法務委員会3.jpg

16/4/4

  • あす4月5日(火)「差別を許さない日本を作るために-ヘイトスピーチにどう対処するか-」をテーマに、3月31日に法務省が発表した「ヘイトスピーチに関する実態調査」や「ヘイトデモにおける適切な警備や対応」などについて、岩城光英法務大臣、河野太郎国家公安委員長に問います。有田芳生の質疑は10:25~10:50の25分間。参議院インターネット中継で配信します。
  • <参院法務委員会>
  • 4月5日(火)10:00~11:40
  • 質疑は、西田昌司(自民)、有田芳生(民進)、矢倉克夫(公明)、仁比聡平(共産)の各議員順です。
  • 視聴はこちらから→参議院インターネット審議中継

16/3/17

  • あす18日(金)の予算委員会で有田芳生が質問します。
  • 時間は11時15分~11時54分13時~13時15分です。取り上げるのは日朝交渉と拉致問題の原点、そしてヘイトスピーチ対策です。NHKの中継もありますので、ぜひご覧ください。

16/2/24

  • 通常国会がはじまり、夏の参議院選挙を見据えると「人種差別撤廃施策推進法」の成立に向けての取り組みは、予断を許さない状況です。そこで最近の諸状況をふまえて、次のような集会を議員連盟主催で開催いたします。ぜひ、ご参加ください。
  • 「人種差別撤廃施策推進法の成立を目指す2・25院内集会」
  • 【日時】2月25日(木) 17時~18時30分
  • 【会場】参議院議員会館講堂
  • (16時40分に参議院議員会館1階東玄関にて、通行証を配布します)
  • 【報告】金尚均:龍谷大学大学院教員、『京都府・京都市に有効なヘイトスピーチ対策の推進を求める会』共同代表 白根大輔:CCPR(国連自由権規約委員会)センター・アジア太平洋地域コーディネーター、『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク、小川敏夫議連会長など

16/2/19

  • 2016年2月20日(土)午後1時30分~、人種差別撤廃施策推進法案の現状について大阪で報告します。
  • 「ヘイトスピーチはいらない!今こそ、人種差別撤廃法の制定を求む」
  • 日時:2月20日(土) 午後1時30分~4時15分
  • 会場:毎日インテシオ会議室D・E (大阪市北区梅田3-4-5)
  •     JR「大阪」から徒歩8分
  • 参加費: 500円
  • 定員:120人 (要申し込み。定員になり次第締め切らせていただきます)
  • 申し込み先:アジア・太平洋人権情報センター (ヒューライツ大阪)
  •         e-mail: webmail@hurights.or.jp
  •  (件名に「ヘイトスピーチはいらない」集会参加申し込み、とご記入ください)
  •         Tel: 06-6543-7003 / Fax: 06-6543-7004

チラシ.pdf
大阪集会.jpg

16/2/2

  • 有田芳生の活動報告書(実績チラシ)が出来ました。ヘイトスピーチ(差別の扇動)に対する法的整備や、拉致問題、安保法制の廃止を求める取り組みについてまとめてあります。是非ご覧ください。
  • 活動報告書⇒ オモテ.pdfウラ.pdf
  • 0001 (1).jpg0001 (2).jpg

15/12/9

  • 明日、12月10日13:30~15:30開会の拉致特別委員会にて質問に立ちます。
  • 有田の質問は多少前後する可能性がありますが、おおよそ14時過ぎの予定です。
  • テーマ「ストックホルム合意の評価と今後について」
  • 視聴はこちらから⇒ 参議院インターネット審議中継

15/12/8

  • 2015年12月8日(火)日本教育会館一ツ橋ホール
  • 世界人権宣言67周年記念東京集会「これからの世界と日本を考える」にお招きいただき
  • 「人種差別撤廃施策推進法」をめぐる取り組みと題して報告を行いました。
  • IMG_1743.JPG

15/11/24

  •  11月22日、新宿区で行われた「東京大行進2015」に参加しました。有田は人種差別撤廃施策推進法案の国会審議状況について「差別をなくすための法律。この大行進に参加する人々が全国各地でがんばり、ようやく国会の議論まで辿りつきました。来年の通常国会が法律を実現できるかどうかの山場です。どうぞ、みなさん、差別をなくす日本をこの大行進からつくっていきましょうと」とスピーチ。成立のために民意の後押しもお願いしたいと訴えました。
  •  今年で3回目の開催となった「東京大行進2015」は、差別のない世界と日本、この国の民主主義のために全国各地から2500人が参加。民主党ほか超党派で成立をめざす同法律案は、先の通常国会において審議入りしました。同法案に対し明確に反対の意を表明する政党もなく、審議は来年1月4日開会予定の第190回通常国会にて与野党合同で継続審議をし成立を目指していきます。
  • 151122有田東京大行進②.jpeg
  • 151122有田東京大行進①.jpeg

15/9/26

  • 戦争法案を認めない!!足立区民集会&パレードに参加しました。
  • 雨の中老若男女問わず多くの方が集まり、反対の声を上げながら北千住中居町公園~北千住駅までを歩きました。
  • image1.jpg

15/8/31 

  • 本日、13時開会の拉致特別委員会にて13:18分頃より質問に立ちました。
  • テーマは「日朝交渉の現状と問題点」で質問内容は①日朝交渉の原点②特定失踪者について③残留日本人と「日本人妻」について
  • ※拉致問題は人道問題であり国家主権の問題、残留日本人問題なども時間のない人道問題であること。以上
  • 委員会の視聴はコチラ⇒ 参議院インターネット審議中継

15/8/6

  •  本日10時開会の法務委員会にて8月4日(火)より審議入りした、人種差別撤廃施策推進法の質疑が始まりました。質問者は、自民、公明、民主、維新、共産、元気、生活の7党7議員です。午前の審議は終了し、休憩を挟み午後13:00より再開されました。
  • 有田も午前10:30より質問に立ちましたが、本法案の発議者が民主、社民、無所属ですので、規定により、発議者の一人である有田は発議者以外の政府と関係省庁にのみ質問が認められております。
  • 質問内容はコチラのレジュメをご覧ください⇒ 資料①②
  • ご視聴はコチラから⇒ 参議院インターネット審議中継
  • 答弁者は上川法務大臣、外務省大臣官房審議官、警察庁長官官房審議官、法務省人権擁護局長です。
  • IMG_1617.JPG

15/8/4 

  • 8月4日(火)10時開会の法務委員会にて民主・社民・無所属で共同提出した人種差別撤廃施策推進法の審議が始まりました。
  • 本日は、趣旨説明のみとし、質疑は6日(木)の10時から法務委員会で行われます。
  • 趣旨説明文をご覧になりたい方はコチラ⇒ 趣旨説明文
  • IMG_1549.JPG

15/8/3

  • ◇出演情報◇
  • 本日、夜20:00~22:00にオンエアするJ-WAVE JAM THE WORLDの「CUTTING EDE」というコーナーに、あすより参議院法務委員会で審議入りする人種差別撤廃施策推進法案に関する電話インタビューで出演いたします。有田の電話出演は20:20分頃からの予定です。

15/7/22 

  • STOP HATE SPEEC~今こそ人種差別撤廃基本法の実現を~
  • 本日15時から参議院議員会館101会議室にて院内集会が行われました。
  • ◇基調講演◇「人種差別撤廃基本法の必要性」
  • 金尚均さん(龍谷大学教員/京都府・京都市に有効なヘイトスピーチ対策の推進を求める会)
  • ◇特別講演◇稲葉奈々子さん(上智大学教員/移住連貧困プロジェクト)
  • ◆主催◆外国人人権法連絡会/移住者と連帯する全国ネットワーク(移住連)/人種差別撤廃NGOネットワーク(ERDネット)/のりこえねっと(ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク)
  • IMG_1442.JPG
  • 15/7/6
  • 行政監視委員会にて質問に立ちました。
  • 質問議題は「事件捜査とDNA鑑定」
  • 北関東連続幼女誘拐事件や足利事件に関わる問題を質問致しました。
  • IMG_1414.JPG
  • 資料はこちら⇒ 資料
  • 視聴はこちら⇒ 参議院インターネット審議中継

15/6/26

  • 本日、「今こそ人種差別撤廃基本法制定の実現を」と題して、人種差別撤廃施策推進法の制定を求める院内集会が開かれました。
  • CIZWxWLUkAA2IX4.jpg

15/6/24

  • 6月27日(土)SEALDsによるハチ公前にて行われる街頭での戦争法案阻止行動。
  • その事前アピール記者会見(学生有志による)が行われました。
  • IMG_1320.JPG

15/6/11

  • 法務委員会で質問に立ちました。
  • 有田の質問時間は10:00~10:30分です。
  • 質問議題は、ヘイトスピーチとは何かー人種差別撤廃条約の基本に立ってー
  • 資料はこちら⇒ レジュメと資料
  • 視聴はこちら⇒ 参議院インターネット審議中継

15/6/8 

15/6/4

  • 許すな!ヘイト緊急フォーラム開催!!
  • 6月6日(土)14時~17時、新大久保職安通りKスクェア3Fにて
  • presenter:有田芳生、安田浩一(ジャーナリスト)李信恵(ジャーナリスト)
  • 先月22日に参議院議長へ超党派で提出した「人種差別撤廃基本法」を巡る各政党の動向など、法案成立に向けた議連での今後の取り組みなどをお話します。
  • CEDT59ZUEAEgIo1.jpg

15/5/22

  • ヘイトスピーチ対策の法案(罰則規定はなし)人種差別撤廃基本法を民主党、社民党、無所属で参議院に提出しました。人種等の共通の属性を有する不特定の者に対して不当な差別的言動をしてはならない(第三条2)こと、実態調査を行う「人種等差別防止政策審議会」を作ることが特徴です。
  • image1.JPG

15/5/21

15/5/21

  • 都内の大学の課外授業の一環として学生のみなさんと懇親する機会をいただきました。また、現在問題視されている集団的自衛権、安保法制、そして、とりわけ有田が取り組んでいる問題をテーマにお話しをしました。終了後も活発な質疑応答があり、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。
  • 学生のみなさん、ありがとうございました。
  • IMG_1170.JPG

15/5/14

15/3/26

  • 法務委員会で質問に立ちました。
  • IMG_1019.JPG
  • 視聴はこちら⇒ 参議院インターネット審議中継
  • ※過去の委員会質疑もご覧いただけます。
  • 質問議題は、「終わらないオウム問題」「ヘイトスピーチの現状」 で10:15分~11:35分までの80分です。
  • 委員会で各委員や大臣に配布した資料は以下よりダウンロードしてご覧ください。
  • 資料ダウンロード⇒ レジュメ

【有田芳生「37万票」の意味】
岩見隆夫さん(毎日新聞論説委員・故人)のコラム「近聞遠見」(2010.7.17)を紹介いたします。

ダウンロードはこちら⇒「37万票」の意味.pdf
「37万票」の意味.jpg

【サザンオールスターズ広告特集】
朝日新聞(2013.8.7)に掲載された、サザンオールスターズの広告特集から。サザンのコンサート会場でも配布されました。

ダウンロードはこちら⇒サザン広告.pdf
サザン広告.jpg

ダウンロードはこちら⇒活動報告書オモテ.pdf
           活動報告書ウラ.pdf


0001.jpg

line_1p.gif

タイトル NOW

234x60R.gif

地方議員地方議員

ご覧になりたい項目をクリックしてください▲

Archiveへリンク

有田芳生プロフィール

有田芳生(ありたよしふ)1952年京都生まれ。ジャーナリスト。
2007 年まで日本テレビ系の「ザ・ワイド」に出演。著書には『私の家は山の向こう テレサ・テン十年目の真実』(文藝春秋)、『「コメント力」を鍛える』(NHK 生活者新書)などがある。
2010年参議院議員初当選(現在2期目)

所属委員会・役職

法務委員会/委員、行政監視委員会/委員、政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会/委員長

有田芳生

著書



ヘイトスピーチとたたかう
2014年著書
ヘイトスピーチとたたかう!
(岩波書店)
→Amazon へ





闘争記2010 年著書
闘争記
(教育史料出版会)
→Amazon へ





メディアに心を蝕まれる子どもたち2008 年著書
メディアに
心を蝕まれる
子どもたち
(角川SSC 新書)
→Amazon へ



「コメント力」2002 年著書
「コメント力」
を鍛える
(生活人新)
→生活人新書へ





酔醒漫録2000~5 年著書
酔醒漫録
〈1〉~〈4〉
(にんげん出版)
→Amazon へ




歌屋 都はるみ1997 年著書
歌屋 都はるみ
(文春文庫)
→文春文庫へ






私の家は山の向こう2005 年著書
私の家は
山の向こう
- テレサ・テン
十年目の真実
(文藝春秋)
→Amazon へ

hatespeech.jpg
ヘイトス ピーチは
許してはいけない
(新幹社)
→Amazon へ





参議院議員
有田芳生事務所
〒100-8962 
東京都千代田区永田町2-1-1
参議院議員会館416号室
Tel. 03ー6550ー0416
Fax. 03ー6551ー0416
E-mail はこちら▶▶▶



後援会・サポーターズページへリンク後援会・サポーターズページへリンク